メールレディ登録に身分証が不要なサイトは危険

メールレディ登録の身分証明書 メールレディ始め方稼ぎ方

メールレディサイトに登録をする時、本人確認書類として身分証明書の提示が求められます。

このページでは、

  • どうして身分証明書が必要なの?
  • どうして本人確認が必要なの?
  • 身分証明書を提示して危険はないの?

などの身分証明書や本人確認の疑問にお答えしていきます。

メールレディ登録に身分証明書はなぜ必要なの?

身分証明書はなぜ必要
まず最初に、

  • どうして身分証明書が必要なの?
  • どうして本人確認が必要なの?

という疑問にお答えします。

年齢確認のため 18歳未満は登録できない

  • 18歳未満はメールレディに登録できない

メールレディ、チャットレディは、18歳未満の人は登録できません

これは、日本の法律で決められていることなので、メールレディサイトとしても守らなければなりません。

18歳未満の女性にメールレディやチャットレディの仕事をさせて、運営サイトとしては知らなかったでは済まされません。

運営者としては、シッカリと年齢確認をする義務があるのです。

また、メールレディサイトによっては、運営上で年齢制限を設けている場合があります。

例えば、若い女性のみのメールレディサイトや熟女・人妻中心のメールレディサイトなどです。

お客様のターゲットを絞り込んで、他サイトとの差別化を図るために

  • 26歳以上の女性に限る
  • 18歳以上30歳以下の女性に限る

など、独自の年齢制限を設けていることもあります。

その為、きっちりとしたメールレディサイトは、身分証明書の提示を求めて年齢確認を行なっています。

本人確認 応募者と同一人物か

本人確認
メールレディやチャットレディで、他人に成りすまして登録しようとする人が居るかもしれません。

他人に成りすまして、メールレディで報酬を稼ぐと、確定申告など様々な問題が起こります。

また、稼ぎたいばかりに他人の住所や名前を、メールレディサイトで公開する人が居るかもしれません。

これも、様々なトラブルが発生する可能性があります。

運営者としては、応募者が他人に成りすましていないか、身分証で本人確認をしっかり行う必要があります。

女性かどうかの確認 性別の確認

身分証明書で性別の確認
メールレディは、メールのみでお仕事ができます。

チャットレディのように、WEBで自分の姿を見せるわけではありません。

ということは…。

男性が、女性と偽ってメールレディをすることも理論上は可能です。

でも、メールレディサイトのお客様は、女性とのメールのやり取りを求めて利用されているのです。

そのメールの相手が男性だったら、詐欺になってしまいます。

メールレディは、男性が女性に成りすまして登録しないように、身分証明書で性別の確認もしています。

このように、メールレディサイトとしても、必要に駆られて身分証明書で本人確認をしています。

決して、個人情報をとるために本人確認書類を求めているのではないので、安心してくださいね。

メールレディの身分証明書の本人確認と提出手順

メールレディの身分証明書提出と本人確認の方法は簡単です。

身分証明書提出の手順

身分証明書提出手順
身分証明書提出の手順は、身分証明書の写真をアップロードするかメールに添付すればOKです。

メールレディサイトによっては、アナタが身分証明書を持っている写真が必要な場合があります。

一方では、住所を隠しても良いメールレディサイトがあります。

登録に使える身分証明書の種類

身分証明書の種類
メールレディサイトで使える身分証明書は、どのサイトでもほぼ同じです。

メールレディサイトによっては、若干違う場合もありますが

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 写真付住基カード

以上の3点ならば、ほぼどのメールレディサイトでも身分証明書として使えます。

また、メールレディサイトによっては、以下の身分証でも使える場合があります。

  • マイナンバーカード
  • 学生証
  • 社員証
  • 住民票
  • 健康保険証

身分証明書なしで登録できるサイトは危険なの?

危険なメルレサイト
基本的にメールレディサイトへの登録には、身分証明書が必要です。

でも、中には身分証明書の提示を求めないメールレディサイトもあります。

身分証明書を提示すると、個人情報が心配と思われる方がいます。

ということは、身分証明書が不要なメールレディサイトの方が安全なのでしょうか。

身分証が必要なメールレディサイトが安全 不要は危険

先ほども言った通り、メールレディやチャットレディは、18歳以上でないとできません。

運営者は、本人確認をして18歳以上であることを確認する義務があります。

確かに、身分証を提示しなくてもよいのは、一見楽で便利に見えます。

しかし、身分証の提示も本人確認も不要というメールレディサイトがあれば、それは違法です。

そのようなメールレディサイトは、法律を守っておらず危険なので、絶対に登録してはいけません。

後々トラブルに発展する可能性があります。

怪しいメールレディサイトとの間で、例えば、

  • 報酬をきちんと払ってくれない
  • 退会したいのにやめられない
  • チャットの動画が盗撮される
  • 画像がネットに拡散される

などのトラブルの報告があるので危険です。

しっかりと法律を順守して、決められたとおりに身分証明書で本人確認するメールレディサイトの方が、よほど安全です。

安心安全なメールレディサイト
\大手メルレサイト詳しく見る/
ガールズチャット 無料登録はコチラ

身分証明書の内容はプロフィールで公開される?

身分証明書の内容
身分証明書には、個人情報が載っています。

そんなのをメールレディサイトに提示したら…。

プロフィールに公開されてしまったら…。

『自分の身元が分かって危険だ。』

『住所が分かれば、変な利用者に狙われて危険だ。』

『会社に副業がばれてしまう。』

など、不安を感じられるかもしれません。

でも、大丈夫です。

次で詳しく説明しますが、身分証明書の個人情報とプロフィールは、まったく別のものです。

安心してくださいね。

身分証明書とプロフィールは全くの別物

メールレディのプロフィール
メールレディで稼げる報酬は、プロフィールの出来で決まると言うほどプロフィールは大切です。

でも、身分証に記載されている本当のアナタの個人情報とプロフィールの内容は全くの別物です。

プロフィールの内容は、本当のことでなくても大丈夫です。

例えば名前は、愛称やニックネームなど源氏名で構いません。

それも、漢字でも平仮名でもカタカナでもローマ字でも、全てOKです。

年齢サバ読みOKです。

でも、あまりかけ離れた年齢は、話が合わなくなったりしてしまいます。

サバ読みは、ほどほどにしてくださいね。

とはいえ、メールのみのメールレディやテレフォンレディなら、顔が相手に見えません。

ということは…。

かなり若くごまかしてもい行けるかもですw

そこは、アナタがターゲットとして狙う男性の年齢層に、うまく合わせてくださいね。

ついでに言っておくと、プロフィールの写真はアプリで加工しても大丈夫です。

でも、加工しすぎたアンドロイドのようなプロフィール写真には、男性は見向きもしません。

自然に見える範囲で、最大限美しく加工してくださいね。

そうすることで、身バレ対策にもなります。

身分証明書の提示は最低限の個人情報だから危険じゃない

大手のメールレディサイトでは、必ず身分証の提示で本人確認が必要です。

でも、身分証明書に記載されている個人情報が、全て必要とされているわけではありません。

主に必要なのは、

  • 生年月日(年齢確認)
  • 氏名
  • 顔写真(本人確認)

などです。

住所もマイナンバーも電話番号も、必要ではありません。

例えば、免許証の住所欄を黒塗りにして提示しても、ほとんどのメールレディサイトはOKです。

個人情報のデータは送信時に暗号化されるので危険じゃない

大手のメールレディサイトでは、個人情報などを送信する際には、SSLで暗号化されるので危険性はほとんどありません。

ただし、本人確認などを徹底していないような怪しいサイトは、危険性が高いので要注意です。

大手メールレディサイトなら個人情報は厳重に管理されているので安全

大手メールレディサイトには、何万人ものメールレディが登録しています。

しかし、大手のメールレディサイトから個人情報の漏洩や悪用の報告は、聞いたことがありません。

大手メールレディサイトは、厳重に個人情報を管理しているので安全です。

メールレディ13人の口コミ 安全に稼げるおすすめ6サイト
13人の現役メールレディが、初心者におすすめの6サイトを厳選紹介。これから始める方でも安全に稼げると評判の大手サイトばかりです。実際の体験談を交えたメルレ自身の口コミを紹介します。

身分証明書を偽造したらどうなる?

身分証を偽造して、メールレディサイトに登録することは、バレなければ可能かもしれません。

でも、免許証などの身分証明書を偽造して、男性がメールレディサイトに登録すると、詐欺罪になるかもしれません。

また、他人の身分証を偽造したりすると、公文書偽造で罪に問われることになるかもしれません。

公文書偽造の法定刑は、『1年以上10年以下の懲役』という重い刑罰になります。

懲役刑となって前科がついてしまう可能性もあるので、身分証の偽造は絶対にやめてくださいね。

メールレディ登録と身分証明書の本人確認まとめ

メールレディ登録
メールレディサイト登録時に、必要な身分証明書本人確認について説明しました。

結論としては、大手メールレディサイトでは、身分証の本人確認書類を提示しても危険性はありません。

また、身分証が不要なメールレディサイトは、逆に違法な営業を行っています。

つまり、危険なサイトの可能性が高いということです。

大手のメールレディサイトでは、これまでに個人情報が公開されたことはありません。

また、個人情報の漏洩も聞いたことがありません。

安心して、大手のメールレディサイトに登録していただきたいと思います。

24時間スタッフの充実サポートあり
\安全な大手メルレプロダクション/
ポケットワーク 無料登録はコチラ

タイトルとURLをコピーしました